栃木県弁護士会からのお知らせ

秘密保全法制定に反対する会長声明

 政府は,2011年(平成23年)8月8日に「秘密保全のための法制の在り方に関する有識者会議」(以下「有識者会議」という。)が発表した秘密保全法制を早急に整備すべきである旨の「秘密保全のための法制の在り方について(報告書)」(以下「報告書」という。)を受け,秘密保全法案の国会提出を目指して準備を進めている。
 しかし,報告書が制定を求める秘密保全法は,政府の有する情報について「特別秘密」なるものを設け,その「特別秘密」を取り扱う者の適性評価のために個人の犯罪歴や信用状態の調査を行い,また,「特別秘密」を漏えいしたり不正な手段で入手したりした者には厳重な刑事罰を科すというものであるから,以下のとおり,憲法上の諸原理と正面から衝突するものであり,同法の制定は到底認容できない。

1 立法の必要性がない
 政府は,2010年(平成22年)におきた尖閣諸島沖中国船追突映像流出事件を契機に,有識者会議を設置し,秘密保全法の立法化作業を進めてきた。しかし,この事件は,国民に公開すべき映像を公開しなかった政府の対応こそ問題とされる事案であって,国家機密が流出したと言えるような事案ではない。
 また,過去8件の秘密漏えい事件は,いずれも現行の国家公務員法,自衛隊法等の規定により対応が可能であり,新たに秘密保全法を制定する必要はない。

2 「特別秘密」概念及び処罰行為が不明確かつ広範である
 報告書は,保全措置の対象となる「特別秘密」について,その対象分野として,々颪琉汰粥き外交,8共の安全及び秩序の維持を掲げるが,いずれの概念も不明確かつ広範であり,特には国民の生活全般に関係する情報が含まれる危険性がある。また,報告書は,「特別秘密」に該当する事項は別表等で予め具体的に列挙するとしているが,漏れをなくすには,包括的な事項か,網羅的に膨大な情報を列挙せざるを得ず,限定機能はないに等しい。
 そして,報告書は,かかる広範な「特別秘密」を想定した上,「特別秘密」を社会通念上是認できない手段で取得しようとする「特定取得行為」やその未遂行為を処罰し,さらには,「特定取得行為」「漏えい行為」の共謀行為,独立教唆,扇動行為まで処罰しようとしている。しかし,これらの行為の外延は曖昧なため,処罰範囲が不明確である。
 このような不明確な規定で刑事罰を科すことは罪刑法定主義に違反し,かつ単純な取材活動すら処罰対象となりかねず報道機関の取材活動を萎縮させるものであり,取材・報道の自由を侵害するおそれが極めて高い。

3 国民の知る権利が侵害されるおそれがある
 さらに,報告書によれば,「特別秘密」の指定権者は,それを作成取得する行政機関であるとされ,行政機関の恣意的運用をチェックする仕組みは存在しない。そうすると,行政機関の恣意的な判断で「特別秘密」が指定され,国民が必要とする情報が隠蔽されるおそれがある。
 実際に,政府は,過去には沖縄返還時の密約問題で,最近では,福島第一原子力発電所事故において,国民の安全に関する極めて重要な情報を隠匿している。このような事例に鑑みると,曖昧な概念を用い,行政機関に「特別秘密」の指定権限を与えることは,国による情報隠蔽が行われ,国民の知る権利が侵害されるおそれを極めて高くするものといわざるを得ない。。

4 プライバシー権や思想信条の自由が侵害されるおそれがある
 報告書では,「特別秘密」を取り扱う者(以下「対象者」という。)について「適性評価制度」を取り入れるべきであるとし,対象者の「我が国の利益を害する活動への関与」,「犯罪歴」,「信用状態」,「精神の問題にかかる通院歴」等を行政機関等が調査することを想定している。
 しかし,調査対象とされる事項は,プライバシーや思想信条に関する事柄であり,これらの情報を行政機関等が一方的に取得することは,国民のプライバシー,思想信条の自由に対する明確な侵害である。しかも,報告書は,対象者の配偶者等,対象者の身近にあって対象者の行動に影響を与え得る者についても調査対象とすることを想定しており,調査対象が過度に広範になり,プライバシー侵害等も過度に広がるおそれがある。

5 裁判を受ける権利の侵害のおそれがある
 秘密保全法で定める禁止行為に違反して起訴された場合,「特別秘密」は秘匿されたまま審理されることも危惧される。
 その場合,弁護人は十分な立証活動ができないうえ,弁護人の証拠収集活動が禁止行為に該当するおそれもあり,弁護活動が制約されかねない。
 このような制限のもとでは,公正な裁判は実現できず,国民の裁判を受ける権利や弁護を受ける権利が侵害されるおそれがある。

 よって,当会は,秘密保全法の制定には反対であり,法案が国会に提出されないよう強く求めるものである。

平成24年9月26日
栃木県弁護士会
会 長 蓬 田 勝 美